このエントリーをはてなブックマークに追加

一戸建ての分類

一般的に一戸建ての家やマイホームに住むというのは、誰もが一度は望む夢であると言われています。
住宅・住居においても、同じ敷地に複数の世帯が暮らす集合住宅よりも、一戸建ての方が何かと融通が効くなどの理由から求められる傾向にあるようです。
しかし、一戸建てと一口に言っても、様々な要素によって複数に分類されるものであるため、建築様式などによって細かく別れています。
では、まずは「不動産販売による分類」についてです。
一つ目は「建売住宅」というものです。
この建売住宅というのは、土地と建物がセットになった状態で販売されているもののことを言います。
また、この販売方法の場合は、建物の間取りや形状などは建築会社が選んだもので構成されるため、自分の理想の家を建てることは出来ません。
二つ目は「注文住宅」というものです。
この注文住宅というものは、建築を依頼した家主自身が設計事務所やハウスメーカーなどに依頼して、前もって用意されている土地に建物を建築させるもののことを言います。
これは、ある程度ベースとなるレイアウトが決まっているものが主流になっていますが建売とは違い、間取りなどに融通が効くオーダーメイドで建築することが可能です。
次は、「構造形式による分類」についてです。
一つ目は「木造住宅」についてです。
この木造住宅というのは、現代では鉄筋やコンクリートなどを主要な部分に用いるのに対して、主要部分に木材を用いて建造すること言い、昔は、この建築方法が主流であり、現在でも残ってはいるものの、減少傾向にあります。
また、この木造住宅には、様々な工法が存在しています。
例えば、「在来工法」や「ツーバイフォー工法」などが有名だと思います。
二つ目は「プレハブ住宅」についてです。
このプレハブ住宅というのは、プレハブ工法と呼ばれる工法で建造される建物のことを言います。
このプレハブ工法というのは、壁や柱などの部材を予め工場で生産・加工しておいて、建築現場で加工を行わずに組み立てる建築工法のことを言います。
また、これは工事現場などで見られる「プレハブ小屋」でも同様の工法が用いられています。
この他にも、豪邸など大小による分類などの分類があります。
このように、ただ単に一戸建ての一軒家と言っても、工法や販売の方式などによっていろいろな分類が存在しています。
また、この他にも、立地条件や土地の広さなど様々な条件によって異なるため、自分が一番になにを望むのかをはっきりさせてから購入や建造を決定するのが正しいと思います。
Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.