このエントリーをはてなブックマークに追加

集合住宅の分類

基本的に私達が生きていくのに最低限必要なもの、それは「衣食住」であり、これら3つの内一つでも欠けてしまった場合、人間だけでなく生き物の大半は生きていけません。
どれも比べようもない程に重要なものですがまずは、自分の拠点とも言うべき「住」がなくては何も始まりません。
この住宅・住居は大きく分けると一戸建てと「集合住宅」の2種類になります。
この集合住宅には、マンションやアパートなどランクに差が生じやすく、また、それによって購入金額や賃貸の場合は家賃の金額にも大きな差が生じます。
そして、この集合住宅というのも複数の分類に分かれています。
まずは「集合住宅」という分類についてです。
これは、集合住宅と言えば「そのままでは?」という意見が出そうですがマンションやアパートなどのように集合住宅と言っても種類や形状などの違いによって分類されます。
まず、マンションという建物でも、「マンション」と「超高層マンション」という2種類があります。
一般的に存在しているマンションのほとんどは前者のマンションという部類になります。
では、超高層マンションとは、どのようなマンションが当てはまるのかと言うと、まず、超高層マンションとは、従来のマンションに比べて、際立って高い「住居用高層建築物」の俗称であり、その外観から「タワーマンション」と呼ばれています。
しかし、従来のマンションよりも高いと言っても、マンションの中にも高さの違いがあり、また規模も異なるため判断が付きにくいと思います。
では、このマンションと超高層マンションとの分類の基準とはなんなのか?
これは、日本では明確な法的定義は存在しないとされていますが建築基準法という法律の中に「高さが57mを超える建築物」と明記されていて、これと同義とする場合が多いということから、日本では57mを超えたマンションは超高層マンションとなるようです。
集合住宅という分類には、他にもアパートや「長屋」「団地」「公営住宅」「寮」など非常に様々なものがあります。
次は「集合形態による分類」についてです。
これの代表的な形態としては「テラスハウス」などがあります。
このテラスハウスというのは、境界壁を共有する複数の戸建て住宅が連続している形式の低層集合住宅のことを言います。
他にも「タウンハウス」などがあります。
このように、現在では非常に多種多様な集合住宅が存在していて、それぞれ、立地条件や部屋の間取り、建築年数など様々なものが加味されることによって、価格が決まるため、自分がどうしても譲れない条件のしっかりと確認した上で自分に適している集合住宅を探すというのが一番望ましい方法だと思います。
Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.