このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームについて

人間というものは、例外もありますが一般的には住宅・住居というものに居住することによって、日々の生活を送っています。
また、一口に住宅・住居と言っても、一軒家であったり、集合住宅であったり、自分で所有している持ち家なのか、他人が所有しているものを借りる賃貸なのかなど様々な違いがあります。
そんな住宅というものは、一つの例外もなく、一生暮らせるものではありません。
それは、どういうことかと言うと、住宅を作っている木材や鉄筋コンクリートなどの骨組みも壁などの素材も、住宅の中で使っている家電や家具など、住宅を形作っているありとあらゆるものは、年数が経つに従って、劣化や故障などの不具合を発生させるからです。
電化製品などは、耐久年数がある程度決まっていて、「何回使用したか?」や「何年間使用したか?」などによって判断されて、調子が悪くなったりすると買い換えるという形と同じで、住宅も一度建てれば、何もしなくても一生大丈夫という訳ではなく、言ってしまえば物にも人間のように寿命というものが存在します。
そんな寿命を迎えてしまいそうな住宅・住居を元に近い状態まで回復させたり、新しく付け足したりする行為のことを「リフォーム」と言います。
また、このリフォームは内外装の改装をするという意味の和製英語です。
また、和製ではなく本来の英語でのリフォームが指す意味は「改心する改正する」もしくは「作り直す」などの意味になるため、建築業者の中には、リフォームではなく、「家を作り直す」という意味を込めた「リホーム」という名称を使っている所もあるようです。
住宅の不安な箇所の改善や増築や改築などを行えるため、住宅を建築してから数年や数十年単位でリフォームを行う場合もあります。
しかし、このリフォームを依頼する場合には、少し注意して慎重に選ばなければ、厄介なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
つまり、悪徳商法や詐欺などに狙われる可能性があるからです。
まずは、「悪質リフォーム」というものです。
元々リフォームするための契約金額が500万円未満の場合は、建築業許可なしで出来る上に、建築構造を考える必要もないため、素人でも可能であるというのがこの問題を引き起こす要因になっていると思います。
他にも「リフォーム詐欺」というのもあります。
これは、リフォーム工事をする意思も能力もないのに、被害者に対して虚偽の事実を宣伝して、材料品という名目で現金を騙し取るという手口が実際に起こっています。
また、この場合は実際にリフォーム工事は行われないため、前金詐欺と呼ばれています。
このように、大金が動くのがリフォームというものであるため、このような人の弱みに付け入るような行為を行う輩というのは、どうしても出てくるため、リフォームを依頼する業者は信頼出来るものを選んだ方が利口であると言えると思います。

注目の住宅は、マイナーだけどこのサイトがお勧め

  • seo malaysia-Competitve analysis・save money・Local keyword trcking
Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.