このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウスメーカーの概要

私達が住宅・住居を一から建築して居住するためには、非常に様々な準備が必要になります。
中でもいろいろな業者に依頼しなければ住宅の建築というものは、始まりすらしません。
そんな頼るべき業者の中に「ハウスメーカー」と呼ばれる業者があります。
このハウスメーカーというのは、日本国内において複数の都道府県あるいは全国規模で展開している「住宅建設会社」に対する呼称のことを指しています。
また、住宅メーカーと呼ばれる場合もあるようです。
限られた都道府県内で広域に展開している中規模の工務店などは「ハウスビルダー」などと呼ばれる場合があり、ハウスメーカーと区別することが多くなっています。
また、このハウスメーカーは基本的には、戸建住宅を主にしているものですが業者の中には、アパートなどの集合住宅や高層ビルなど手広く手がけている業者も存在しているようです。
このハウスメーカーの特徴としては、自前で生産設備を有し、一部の建材の大量生産を行うというその「規模の大きさ」というのがこのハウスメーカー最大の特徴であると言えると思います。
また、このハウスメーカーに建築を依頼する場合のメリット・デメリットに関しても、この規模の大きさという特徴に起因するものが多いと言われています。
まず、ハウスメーカーに依頼するメリットには、どのようなものがあるかと言うと、「とある工法を用いた時に、他社に比べて工期が比較的短い」というものがあります。
これは、住宅の建築に、プレハブ工法やユニット工法などの他の場所である程度作製した部品を現場で組み立てることで、現場での作業を減らすことが出来る工法であり、これを用いた場合に他社に比べて、工期が比較的短い理由としては、このハウスメーカーの特徴でもある、建材の大量生産を自前で行うという規模の大きさに伴うものであるため、とりあえず建築を急ぐ人には、重宝するかもしれません。
次にハウスメーカーに依頼する場合のデメリットについてです。
まず、一つ目は「建築技術に不安要素がある」という点が挙げられます。
このハウスメーカーというものは、営業費用、モデルハウスや広告の費用などによって自社の経費が多くかかってしまうため、下請けの専門工事業者に対して、安く発注せざるを得ないというのが実情であり、その影響で、技術力のある職人が集まりにくいため、建築に若干の不安があるということです。
他にも、「規格外の注文には対応しにくい」や「設計の自由度が低い」などメリットに比べて、デメリットの方が目立つ上に重要であることが多いため、ある程度の妥協が出来る人か住宅が建ってしまえば、後はあまり気にしないという、あまり頓着がない人々にとっては、工期が短いことに魅力を感じるかもしれませんがこれらが気になる場合は、他の業者に依頼する方が安全かもしれません。
Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.