このエントリーをはてなブックマークに追加

ローコストハウスと注意点

近年の日本は不景気な経済の影響からか、安い、低コストなど金銭があまりかからないものを求める傾向にあるようです。
また、それは非常に多種多様なもの対して求められるものであり、この住宅・住居も現在では低コストを求められるようです。
そんな、顧客の要望を叶える形で誕生したのが「ローコストハウス」または「ローコスト住宅」などと呼ばれる建築方式です。
一般的に言われるローコストハウスというのは、広さが35坪程度で1000万円台であり、坪単価で表すと20万円台〜40万円台前半程度というのがローコストハウスの範疇のようです。
また、このローコストハウスは、部材や設備などを大量一括購入したり、設計、施工のシステムの合理化を行ったり、プランやデザインなどのある程度限定してしまう「規格型」住宅にするなど、家づくりに関連する様々な行程においてコストダウンを図ることによって、比較的安い価格を実現しているというのがこのローコストハウスの特徴になっています。
しかし、このように他社よりも安く建築を行うのに、依頼者にとって良い条件ばかりが揃う訳では当然なく、それ相応の、下手をしたら利点以上に厄介な問題点や注意点が判明することが世の常となっています。
つまり、このローコストハウスも例外ではなく、安いという利点が霞んでしまうような酷い問題点や注意点などが存在するかもしれません。
では、このローコストハウスの注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?
ローコストハウスの注意点、それは「通常の住宅建築に比べて、頑丈さや耐久性などに早い段階から何らかの障害を来す恐れがある」というものです。
これは、例えどんなに安く住宅を建築出来るとしても、それが自分の望んだ心地よい住宅ではなかったり、「後々の修理などで余計に出費してしまった」などと言うことがあった場合に、それでは今まで苦労して行ったコストダウンが無駄になってしまいます。
では、そうならないためにはどうしますか?
それは、単に安さを重視し、追求するのではなく、「安くて長持ちする作り」であるか「メンテナンスなどを容易に行うことが出来る」ものであるかなどを事前にチェックしておくのは、得することはあっても、損することはほとんどないため、怠らないように注意する必要があると思います。
また、システムキッチンやトイレなどを自分で選んだ場合は、その製品の不具合が発生した場合に、その対処は自分でというケースになってしまう場合があることや、冷暖房費などのランニングコストにも配慮する必要があり、大きい部屋が欲しい場合に、冷暖房が部屋に行き渡りにくいためにランニングコストが必要以上にかかってしまうという可能性もあるため、せっかくのローコストハウスのローコストの部分が台無しにならないように注意する必要があります。
Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.