このエントリーをはてなブックマークに追加

土地活用の方式と特徴

基本的に、私達がどれだけ綿密に住宅・住居の構想を膨らませようと、それを叶えてくれる建築業者を見つけようと、住宅・住居を建築するための土地がなければ、住宅は建築することは出来ません。
しかし、例外はありますが一般的には、土地を購入したら必ず住宅を建てなくてはならないという決まりはありません。
まあ、一般的に土地は安いものではないため、購入する人の大半は住宅・住居を建てるのではないかと思いますがそうでない理由で土地を購入する人もいます。
また、このような自分が住むための住宅・住居を建築する以外の方法で土地を利用することを「土地活用」と言います。
この土地活用には、大きく分けて五つの方式があります。
また、この五つの方式には、それぞれ特徴があります。
まず、一つ目は「事業委託方式」と言うものです。
この事業委託方式とは、土地所有者から依頼を受けた企業が土地診断や建物や施設などのプランニング、事業収支計画や施工などや入居者募集、完成後の管理や運営などのありとあらゆる業務を全て引き受けてくれるシステムのことを言います。
また、賃貸経営を営むことを考えている場合は、この事業委託方式が最もポピュラーな方法であり、安心感が高く事業を始めやすいと言われています。
二つ目は「定期借地方式」と言うものです。
これは、自分が所有している土地に対して「一般定期借地権」と言うものを設定して、土地を貸すことによって、長期的で安定した収入を得ることが出来るという方法になっています。
契約している期間は、一定額の土地代収入を得ることが出来て、契約期間が終了する時には、土地を更地の状態に戻してから返還されるという仕組みになっています。
三つ目は「土地信託方式」と言うものです。
これは、信託銀行に自分の所有している土地や建物を信託することで、信託銀行がその不動産の管理、運営あるいは処分を行うことによって、資金調達や建物の建設、分譲などを行うという仕組みになっています。
また、土地の所有者は信託配当金というものを受け取ることが出来ます。
また、土地の名義は信託期間中は、所有者ではなく信託銀行になります。
四つ目は「等価交換方式」と言うものです。
これは、土地所有者が全ての土地を一時的にデベロッパーに譲渡します。
そして、建物の完成後に建物の区分を行い、それに見合う土地の共有持ち分を取得するという仕組みになっています。
そして、5つ目は「売却」と言うものです。
これは、単純に土地を売却するという方法であり、所有している土地の一部を売却したり、全てを売却することによって、その土地の売却金額がそのまま収入になるという仕組みになっています。
このように、土地には自分の住宅を建設するだけでなく、他にも様々な活用方法が存在しているため余分に土地を所有している人は、これらの方法を検討した方が妥当だと思います。

注目の住宅は、マイナーだけどこのサイトがお勧め

Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.